ファッションレンタルを使いこなしたい!

気を付けたい点を知ろう

他の人が着用した服であることを認識しよう

ファッションレンタルは、レンタルという特質上、その服を着用するのは自分だけではありません。
新品ではなく、他の方が着用した服が自分に回ってくる場合がほとんどです。
この点が、購入した服を着用するのとは、大きく異なる点であるということをきちんと知っておくのが大切です。

もちろん、レンタルでまわってくる衣類というのは、他人が使用してそのままの状態というわけではなく、きちんとクリーニング済みのものになります。
ですから、汚れや異臭などがあるわけではなく、管理されたものではありますが、他人が一度でも着用した衣類に抵抗がある方にとっては、気になるかもしれません。

レンタルという性質上、他人が着た衣類であるという点は、仕方がない部分になってきますので、過度に気になる方ですとこのサービス自体があまり向かないでしょう。

在庫状況により利用できないこともある

レンタルサービスでは、常にすべての商品が揃っているわけではなく、自分の着用したい衣類が他人に貸し出されていることももちろんあります。
ファッションレンタルのサイトで取り扱っている商品のラインナップというのは幅広く、利用できる衣類の数というのも非常に多いのですが、たまたま先にレンタルされているという場合もあるということを知っておきましょう。

そのため、急ぎで特定の服を着たいという場合などには、注意が必要となってきます。
在庫をしっかりと確認しておかないと、利用できないこともありますので、急な利用の場合には気をつけるようにしましょう。

在庫の欠品などは、レンタルサービスだけではなく、既存の販売店で服を購入する際にも言えることではあります。
ですから、特別レンタルだから起こりうるデメリットというわけでは決してないのですが、焦ることのないように、普段から余裕をもって服を選ぶことが大切でしょう。